債務整理に含まれている民事再生について知識を深めてみる!

民事再生という言葉はあまりなじみがないかもしれませんが、この方法を利用して借金返済している人もいます。
これも債務整理の一つとされており、給与所得者または自営業や年金生活者で債務額が5,000万円以下の人が利用できる方法で、債務額を100万円または5分の1に圧縮し、原則3年間で返済する手続きの事なのです。
最大の特徴としては、自己破産とは違い自分の財産を没収されることが無い事なのですが、一定の収入のある人が条件になっています。
アルバイトやパートの人であっても、定期的な収入のある人であればこちらの債務整理を受けられるようになっています。


マイホームを手放さずに債務整理は出来ますか?

借金を整理するとなればマイホームを手放さなければならないイメージが強いのですが、民事再生の場合はその必要はありません。
民事再生を選択する大きな利点は、マイホームを残しながら借金を少しずつ片付けていくことのできる部分だと言えます。
債務整理の中でも、自分の財産を守りたいけれど借金も片付けてしまいたいと考える人におすすめの方法なのです。
弁護士とよく話し合いながら、最終的には裁判所に申し立てをすることで、民事再生を行なえますからじっくり考えてみましょう。


5,000万円を超えると難しい?

実は気を付けてもらいたいことがありまして、民事再生を行なうには借金額が5,000万円以下という決まりがあるのです。
住宅ローンを利用している人の場合ですとこの金額を超えてしまう事もあるのですが、大事なのは住宅ローン以外の借金が5,000万円以上あるかどうか、ということなので超えてしまっている人はこちらの債務整理を受けられないことになっているのでご注意を。
前もって弁護士に訊ねてから手続きを進めるようにしてみるのがベスト。

債務整理について詳しい情報が知りたいから教えてほしい!

今現在、借金を抱えている人の中には返済に追われて毎月大変な思いをしている人もいるのではないでしょうか?
借金の返済に困ってしまった時に債務整理を考える人も多いようですが、どんな人が行えるのか気になったことはありませんか。
ギャンブルや浪費家の人の場合だと債務整理が出来ないのではないかというイメージがありますが、そのような決まりは一切ないのです。
どんな理由であったとしても、通常の借金と同じように整理して返済できるように計画を立てることが出来るようになっています。


債務整理って誰にも知られることはない?

誰だって借金に関する事を家族や会社に知られたくないと思うものですが、知られる可能性は低いと言われています。
これは債務整理の特徴の一つとして知られている事で、周囲に知られてしまう可能性が低いので、誰にも知られることなく借金を片付けてしまいたいと考える人に最適な手段だと思います。
ただ、弁護士に相談をして話を進めていく必要がありますので、その分少しだけ費用が掛かってしまうという部分はネック。
しかし、現在では初めての人の場合、電話で弁護士に無料相談することが出来ますから、上手に活用してみることをおすすめします。


アルバイトや失業中でも大丈夫?

一番気になるのが、正社員ではなくてアルバイトやパート、何かの事情から失業してしまっている人の場合ですよね。
定期的な収入がある人や定期収入が見込める人であれば失業中でも、債務整理をお願いすることが可能だと言われています。
ですから、借金について悩みを抱えている人は一度弁護士に確認をして、それから考えていくというのも良いです。

過払い金請求も債務整理に入るっていうのは本当ですか?

最近よくテレビで過払い金について説明されたりしていますが、これは払い過ぎてしまった利息分を請求できるものなのです。
以前までは違法的な高金利での貸付を金融機関が行っており、それが問題になり金利が改正されましたので、今までの分を返還してもらえるようになっているのです。
つまり、その高金利の時に金融機関を利用していて完済し終えている人は過払い金に該当することが多く、速やかに確認をして必要であれば弁護士にお願いをして債務整理をしてもらった方が良いでしょう。
ちなみに、過払い金請求も実は債務整理に含まれているので覚えておいていただけますと幸いです。


債務整理は自分で出来ませんか?

出来れば自分でしてしまった方が早いからその方が良いと考えている人もいますが、こればかりは専門家に任せるべきです。
過払い金請求の場合でしたら自分で情報を開示請求したりして手続きが出来るのですが、弁護士や司法書士と言った専門家が介入しなければ応じてくれない金融機関が多く、中には返還するべき金額を低くしてくる場所もあるのだそうです。
債務整理を行なう場合は、必ず弁護士に一度相談をしてから判断を下した方が無難ですし、安心できるのではないかと思います。


ブラックリストに登録されてしまうの?

自己破産や借金整理を行ないますとブラックリストに情報が登録されてしまう事になっています。
しかし、過払い金請求の場合はすでにしゃっきんを完済している状態ですので、登録されてしまう事はありません。
登録はされないのですが、過払い金請求は完済し終えてから10年経ってしまうと出来なくなってしまう為、注意が必要です!

債務整理って具体的にどんなことが出来るのでしょうか?

返済が出来なくなってしまった時に自己破産手続きをしてしまう人もいますが、その前に少し考えてほしいのが整理することなのです。
自己破産は確かに法的なもので借金を全てなくすことが出来ますが、ブラックリストに10年ほど登録されて不便なこともあります。
しかし、債務整理と言ってもさらに細かく分類されていて、借金整理や過払い金請求、民事再生など色々なものを含めての総称です。
ただ、気を付けていただきたいのは債務整理であってもブラックリストに登録されるものとされないものがあるという部分なのです。


債務整理をした方が良いのでしょうか?

例えば、金融会社から借入をし続けてその返済が出来なくなってしまった場合、そのまま自己破産をしてしまうというのは良くない事です。
どうしてもその方法しかない時は仕方のないことですが、借金を整理して完済を目指していく方法が良いのではないでしょうか?
借金を整理するためには弁護士などのスペシャリストに依頼することになるのですが、その際は無料電話相談を利用してみて下さい。
債務整理について詳しく知っている人は少ないと思いますし、やはり専門家に訊ねることが一番ですので活用して解決しましょう。


信用を完全に失うか、そうではないのか

自己破産をすると借金が全てなくなる代わりに信用を全て失う事になり、金融会社などの利用が不可になります。
生活していくうえで何かと不便なこともあるかもしれませんが、借金をしないためのリハビリだと思えば少し変わるかもしれません。
債務整理で借金を整理して返済していくときも実はブラックリストに5年ほど登録されてしまうようになっていますが、こちらは信用を完全に失うわけではないので、ずっと良いかもしれませんね。